卒団大会

25日、卒団大会2回戦、3回戦がありました。

2回戦目。
対 大東スポーツクラブさん
今年も良いチームで、対戦対手としては申し分ありません。

はっきり言って、負けてもおかしくない試合展開でしたが、
何とか子供たちが踏ん張ってくれたおかげで
0対0のまま試合終了。
規定により抽選。

結果は、5対4で抽選勝ち。

卒団大会らしい、緊迫の試合で楽しい試合をしてくれました。

3回戦目。
対 川越スターさん
練習試合では何回か対戦しており、侮れない相手。

この試合も点を取って取られて。
結局、3対3のまま抽選。

さすがに2回も女神は現れませんでした。
4対5で抽選負け。

最後の大会が終わってしまいました。

最後の試合、全員が全力を出し切ったか。
失敗したらどうしようという、弱い気持ちを出していなかったか。
疑問が残る場面もありました。

そういう気持ちを出してしまった悔いは残ってないか?
最後だからこそ、感じることがあったと思います。

2度とこのメンバーで少年野球を行うことは出来ません。
もし、悔いが残っているのであれば、次に同じような場面が来たとき、
同じことを繰り返さなければ良い。

人生の中で失敗することもあるだろう。
でも、その失敗が次に繋がる失敗であれば、
それは成功と同じ価値がある。

37期生に伝えたいこと。
それは、これからの人生、チャレンジすることを忘れるな!ということ。
チャレンジすることで、成功も失敗も味わうことが出来る。
チャレンジしなければ、何も味わうことは出来ない。
そして、人は失敗した時こそ大きく成長することが出来る。
自分の人生なんだから、人様に迷惑をかけなければ、何をやっても良いじゃない。

いろいろなことにチャレンジし、大きく羽ばたいてください。
いままでありがとう!!

コメント コメントを追加

  1. いち母 より:

    37期生の皆さん、お疲れ様でした。
    優しい、優しい兄ちゃんたちでした。
    1点の重みがひしひしと伝わってきますね。
    でも、きっといい試合ができたんでしょうね。
    最後までみんなで頑張ったことを忘れずに、
    何かあったら12時砂中!を胸に、これからもいろんなこと、一つづつ超えていってくださいね。
    これからも、応援してます。

コメントを残す